立体造形美術制作

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

立体看板・立体造形の制作の流れ

work flow

  • 立体造形ができるまで

    01

    極力いらない部分を省いてカットしたEPSを組み上げ、大まかな形を作っていきます。

  • 立体造形ができるまで

    02

    表面のガサつきや麺を滑らかにしていきながら細部の表現を作っていきます。

  • 立体造形ができるまで

    03

    ウレタン樹脂でコーティングした後は仕上げに向かっていきますが、この事例では毛皮の貼りこみの為、下地として黒を塗装しています。

  • 立体造形ができるまで

    03

    毛皮の貼りこみが終われば、最後に塗装による仕上げを施して完成です。

お知らせ

news

  • 2018.08.30
    ホームページをリニューアルしました。
    看板やイベント制作の実績をインスタグラムや実績のページで更新していきます。
    お問合せ、ご相談などお気軽にご連絡ください!

ギャラリー

gellery for instaram

  

Instagram

会社概要

company

有限会社くれよんとは

有限会社くれよんでは、立体看板、ディスプレイ、舞台セット、イベントでのキャラクター造形など様々なご依頼を承っております。 設立以来、多くのご依頼を頂きその実績は1000点を超えております。豊富な実績と確かな技術で納得のクオリティの造形をお届けします。
著作権の関係等でホームページに掲載できない作品もございますので、是非お気軽に当社へお越しくださいませ。
JR武蔵野線「東川口駅」からご連絡を頂ければお迎えに上がります!

詳しくはこちら

アクセスマップ

access map

お問い合わせはこちらのメールフォーム、またはお電話で承っております。

お電話でのお問い合わせはこちらから TEL.048-297-6487

メールフォームはこちら

ページトップへ