HOME > 立体看板・立体造形の素材について



1体からでも、大量生産でもおまかせ下さい

当社では、1点ものや、少ロットの特殊立体看板や立体造形には硬質発泡スチロールと硬質不燃ウレタン樹脂を、またロットが多く型から生産を行うものはFRPを使用し皆さまからの幅広いオーダーにきめ細かく対応しております。

EPS(硬質発泡スチロール)の特徴

当社で使用している素材は主に硬質EPSと硬質不燃ウレタン樹脂です。FRPと比べ軽量で強度も十分ひけをとりません。型を作らないのでコストも安くスピーディーな納品が可能です。

軽く、丈夫でしかも燃えにくい

当社で使用しているEPSは、通常のものより硬質なものになります。
難燃性のものを使用することもできます。

硬質不燃ウレタン樹脂とは

硬質不燃ウレタン樹脂の皮膜は強靭で、耐久性や耐摩耗性、防水性に優れ、柔軟性も持っています。

仕上がり

当社の製作物の表情はさまざま。金属の質感をだしたり、木彫りのような製作物もあります。

照明との組み合わせ

LEDと立体造形を組み合わせて雰囲気のある製作物も可能です。


FRP(ガラス繊維強化プラスチック)の特徴

FRPとは,強化繊維プラスチックと呼ばれる、ガラス繊維をポリエステル樹脂で固めたものです。